インディアンス単独ライブツアー「Rock'n'roll」in名古屋

f:id:long_sleeper:20191018185657j:plain

インディアンスの単独ライブを見るのは2回目。前回よりも大きい会場です。いや~今回もウザくて面白かったですね。おっさん女子のネタと芸人みたいな女の子のネタが好きでした。この2つのネタはもし彼女が○○だったらという、話の流れも一緒でシリーズみたいな感じです。インディアンスのネタは基本的にきむさんが~したいと言い出して、たぶっちゃんがそれに乗っかりボケ倒すという感じなんですが、この二つは特にたぶっちゃんのキャラのハマリ具合がすごい。ボケが面白いのはもちろんなんですが、オッサン女子というか、オッサンそのもの。たぶっちゃんのぽっちゃり体型が相まってまだ若いのにリアルにおっさんに見える。私たちのおっさんのイメージをそのまま具現化しているというか、おっさんよりおっさんをやりつくしている笑。何でこんなにおっさんがハマるんだろうと思ったら、普段のたぶっちゃんのボケもちょっとオヤジギャグと共通するとこあるもんなあ。くだらなさとか。まあ。たぶっちゃんのボケはキレがハンパないですけどね。
芸人っぽい女の子はまあ芸人のイメージそのままのキャラなんですけど、さっきのオッサン女子のネタと絡めたボケで面白かったです。たぶっちゃんほど漫才でボケ倒す人っていないんじゃないかと思うくらい、たぶっちゃんは連続でボケるんですけど、冷静に考えるとボケのひとつひとつはわりとくだらなかったりする笑。でもそれを感じさせないくらいのスピード感と連続性なんですよね。ホント絶え間なくボケるので、私も何も考えずに笑ってしまう。


きむさんは前回見た単独ライブでは漫才の最中にたぶっちゃんのボケに素で笑ってしまってツッコミになってないときとかあったんですけど、そういうことが無くなったなあと思いました。やっぱ笑ってしまってはプロとしてはダメだと思ったんだろうか?私は前のそういう感じすごい好きだったんだけどな。楽しそうで。そういうきむさんを見てまた笑ってしまったり。
それでもたぶっちゃんの暴走を止めれるはずもなく、振り回されるきむさん笑。だってきむさんがツッコんだら、またそれをネタにしてボケてくるからキリがない。むしろ燃料を与えてしまっている。
きむさんのツッコミはそこまで強くはない。それはたぶっちゃんがめちゃくちゃボケるから手に負えないというのもあるけど、たぶっちゃんのボケが好きでもっと見たいからあえてそこまで強くツッコまないのではないかと個人的には思っている。とにかく二人はとても楽しそうだということだ。


今回のライブでは即興漫才が無かったのが、唯一残念でした。時間の関係かな?
エンドロールではこのツアーのフライヤーの撮影のメイキングが流れ、その衣装でエンディングは登場。撮影タイムもあって満足でした。

f:id:long_sleeper:20191018185752j:plain
f:id:long_sleeper:20191018185822j:plain