マヂカルラブリー単独ライブ「あー・・・ハラへったな」

f:id:long_sleeper:20190920044033j:plain

ヤベえライブだな(ルパンの娘の円城寺さん風に)とライブが始まった瞬間思った。ちょっと1本目から自分たちの色出しすぎじゃね?単独ライブに来るような人たちにはこれくらいやっても大丈夫だろと思ったんだろうが、マヂラブのこと見慣れてない私は「お、おおう・・」となってしまったよ笑。M-1ツアーで興味を持ってちょっと見てみようかなと思っただけなんだが。サンドイッチをつまもうと思ったらとんこつラーメンが出てきた気分だ。私はシュールとかアングラには普段縁がない。ぎりぎりラーメンズが分かるくらいだ。1本目からこんなんで大丈夫だろうか?これから約2時間この世界観についていけるだろうか?と一瞬思ったんだけど全然大丈夫だった。最初から最後まで面白かった。むしろ後半になるにつれてどんどん面白くなっていった気さえする。


漫才とコント両方やったんですけど、私が漫才で好きだったのはパントマイムのネタと野田さんが師匠とケンカするネタです。野田さんが師匠とケンカしたネタは野田さんが師匠の指を1本1本はずしていくところと、師匠の服を脱がしてなぜか師匠を運んじゃうところでめっちゃ笑いました。マヂラブって漫才であまり動きが多いイメージがなかったんですが、これは野田さんめっちゃ動いててこういうのもやるんだなって思いました。


私はマヂラブに興味を持ったのはM-1ツアーがきっかけだったんですが、私はマヂラブへの認識を改めました。マヂラブはコントのほうがダントツで面白いと。特に「シャドウ」と「異世界hyde」がひどすぎる(褒めてます)。
2本ともアニメみたいな世界観なんですけど、何か絶妙に雑なんですよね笑。なのにそこは掘り下げるんかい!みたいなところが好きでした。「シャドウ」はエンディングと予告までちゃんとやったり、「異世界hyde」は村人との交流までちゃんと入れてくるし。あと「異世界hyde」はなぜか野田さんの「kenちゃ~ん」の言い方がツボにきてしまった。hydeはそんなしゃべり方はしない笑。
「ふざけすぎ」とか「意味がわからない」とか「クソみたいだな」とかいう言葉は、彼らの前ではただの褒め言葉になってしまうようだ。そしてコントだと村上さんがいい味出してると思う。なんだろうね?特別演技うまいってわけでもないのに。体型と何かわざとらしいしゃべり方がジワジワ来るのかな?


もうこんなふざけたライブ初めてでしたよ笑。でも終わったあと誰かと感想を語りあいたくてしかたなかったですね。このライブがツボだった人とはいい酒が飲めそうだ。