ろくでなしミトリズinNGK

今大阪で一番勢いがある芸人といえば見取り図だ。それは間違いない。そしてついに今回見取り図初のNGK単独ライブである。私は見取り図の単独ライブに行くこと自体が初めてなので、やっぱり漫才を中心としたライブなのかなと思っていた。でもろくでなしミトリズはネタありコーナーありで、単独ライブではあるんだけど、全体的に学園をモチーフにし、他の芸人さんの出番も多い。ネタ番組というよりバラエティー番組を見ている気持ちに近い。

思ったよりコーナーの割合が多かったけど、見取り図のネタが割と見れて私は満足だ。見取り図は関西の舞台にほぼ毎日出てそうだけど、中部地方に住んでいる私はそんなしょっちゅう見れるもんでもない。
改めて見取り図の漫才を生でいくつか見てみて思ったのが、見取り図の魅力は「健康的なゲスさ」だと思う。見取り図の漫才はよくよく考えてみると結構ゲスいこと言ってる。でもお客さんが引いていたりとかは一切ない。さじ加減が絶妙なのか二人のキャラだと許せてしまうのか。もちろんゲスい漫才は一部なんだけど、私の笑いのツボがそこなのでそう思ってしまうのだ。
しかも今回のライブでは単独ライブでしか出来ないような思い切り下ネタの漫才をやってくれた。ここまで直接的な下ネタの漫才を見たのは初めてだ。見取り図のゲスさ、ここに極まりである。


私は見取り図のゲスさみたいなのがたまらなく好きなんだけど、見取り図が関西の若手の中で抜きん出たのはやっぱりキャッチーさだとは思う。「あたおか」とか「おっかく」とか口に出したくなるフレーズを作るのがうまい。「頭おかしい」を略すと途端にコミカルな響きになるのだなあというのは一つの発見である。いや、お笑いにおいては一つの発明でさえある。そしてそこはかとなく優しさも感じてしまうのはファンの贔屓目だろうか。



見取り図は漫才の中では女性のことを女と言う。スポブラをネタにもしちゃうし、見る人によっては品がないとかガラ悪いとか感じるかもしれない。まあ、外見からして本人たちも品良く見せようなんて思ってないだろうけど。でも下品とまではいかないのは二人の人柄が出ちゃってるからだと思う。天然で熱い盛山さんと、淡々として何考えてるかわからないような感じがちょっとするリリーさん。二人のキャラの対比がすごくいいし、刺々しさとか生々しさを打ち消してくれている。


ネタも面白かったんですけど、コーナーももちろん面白かったです。
イントロクイズでは回答するためのボタンを押すために2階席まで上がってきてくれたので、けっこう間近で見ることが出来ました。
VTRでは河井ゆずるさんがずっとヒドイ目にあってて笑、それも面白かったです。

これからますますチケットの倍率上がっちゃうだろうけど地道に応援していこう。