銀シャリ 2018単独ツアー「GREATEST SHARIMAN」名古屋会場

夏からこの時期にかけて芸人さんの単独ツアーが増える。もちろんM-1を見越してよりネタをブラッシュアップするためである。今回はM-1チャンピオンのライブなので、ある意味こちらも肩の力を抜いて見られるというのはある。


銀シャリは見た目のイメージ通り正統派のしゃべくり漫才をするけど、言うほど昭和っぽくもない。むしろ橋本さんのツッコミはもっと評価されてもいいくらいキレッキレだ。今回初めて単独で銀シャリを見て改めて橋本さんのツッコミっていいなと思った。何というかキレがあったり、すごくボケ寄りだったりするんだけど、あまり力が入りすぎてないと言うか。
ツッコもうとかうまいこと言おう感がなくて、頭に浮かんできちゃうから口に出ちゃう感じがする。実際はすごく頭で考えてるのかもしれないけど。舞台の上では芸人は芸人を演じてると思うけど、橋本さんは演じてる感じがあまりしなくて、普段からそんな人なのかなと思ってしまう。VTRが二人の休日って感じで二人の素の姿に近い感じがしたんだけど、その中の何気ない会話の雰囲気と舞台上での二人のネタがけっこうそのままだったりするんだよね。
熊を倒すネタとかはけっこうアドリブの部分があったみたいで長引いたらしいんだけど、確かに普段の二人でふざけ合ってる感じそのままでした。もはや橋本さんも普通にボケてましたからね。


そんなすご腕の相方に負けてない鰻さんもすごい。鰻さんて顔も普通だしキャラも強いわけじゃないのに。力が入りすぎてない感じがするのは橋本さんと一緒だ。やっぱりM-1に優勝して好きなことをやれてるだろうか?


鰻さんのことを今まであまり知らなかったんだけど、ちょっと天然だよね?VTRで猫連れてきててそう思った。毛だらけになってるし笑
その天然が漫才では力が入ってないように見えて、ナチュラルにキレッキレの橋本さんとの組み合わせは見てて疲れないんだと思う。何も考えずにただ笑えるってホントに大事なことですからね。私はそのためにお笑い見てますから。
それとテンポ良くて笑えて、ツッコミもキレッキレで、なのにどこかほっこりするってなかなかない。
このツアーに関するインタビューで「自分たちのファンは本当にみんないい人ばっかりだから、一緒に文化祭みたいなことやりたい」って言ってて、実際アンケートにも銀シャリとやりたいことありますか?っていう質問欄がありました。そういう人柄が漫才にも出てる。


今回の漫才の題材は童話だとかもし就職したらとか趣味がほしいとか、言い方悪いけど使い古されたものばかり。使い古された題材で正統派のしゃべくりで勝負ってインパクトを与えるのが一番難しい。正面突破なわけだから。話の切り口をよっぽど考えないと個性が出ない。それとやっぱり話術。その点、銀シャリは橋本さんが抜群に話術ある。正統派の漫才だからこそ橋本さんのツッコミの技術が際立ち、橋本さんのツッコミの技術があるからこそ正統派の漫才でも埋もれない。


あと地味に衣装チェンジが多くて目でも楽しめました。ルックスで売ってるわけでもないのに意外でした。私は買ってないけどグッズもすごくかわいかったです。来年は絶対買いたい!