流れ星 単独ライブツアー 流星乱舞 岐阜会場



ツアー初日、流れ星の地元岐阜とあって、岐阜愛に溢れたライブでした。何回か「岐阜の人は大人しいんですけど、盛り上がってくださいね」みたいなこと言ってたんですけど、いやいや、流れ星は岐阜民に愛されてますよ。それにしても流れ星から岐阜民がそんなふうに見られていたとは。岐阜民が大人しい人ばっかりというわけではないと思うんですけど、うーん、確かにあまり劇場にお笑いを見に行くという習慣がなくて、リアクションとかあんまうまくないかも。私もミキと握手したとき、どうしたらいいのかわかんなくて、無言で握手したしな。


流れ星の単独ライブに行くのは初めてだったんですけど、流れ星の、そして一発ギャグについての認識を改めました。私が流れ星をよく見ていたのは爆笑オンエアバトルが放送されていた時期で、流れ星は人気も能力的にもそのときがピークだと思っていた。
でも違った。流れ星の漫才の感じだと年を重ねることで勢いがなくなってしまったり、変に落ち着いてしまったりするのかなと思っていたんだけど、全然。むしろ昔よりキレッキレになってた。でもキレだけではなくて。ネタ中もお客さんの反応を見たり、お客さんとのやり取りでのアドリブとかトークの技術もちゃんとある。


私は今まで一発ギャグというのは勢いだけで、大人を笑わせるには向いてないと思ってた。確かに勢いというのもかなりあるんだけど、ライブ中にかなりの数の一発ギャグを見てそれだけではないのだなと思った。数打ちゃ当たる方式でスベっちゃってるのもあったんだけど、それなりの数の一発ギャグをそれなりのクオリティで、その場でひねり出すというのはやっぱり勢いだけではダメ。ライブの場数踏んでないと。それがちゅうえいは抜きん出てる。そしてちゃんと一発ギャグでも大人を笑わせられる。


まだツアーの途中なのでネタの内容は書けないんだけど、すべてのネタに一発ギャグが絡んでくる。でもずっと一発ギャグを聴いている感じではなくて、ちゃんと作り込まれた漫才である。一発ギャグの人ではなくて、この人たちは漫才を愛している漫才師なんだと思う。


そして瀧上が意外と面白くなっていた。まあ、今までも瀧上がネタを書いていたのは瀧上だったんだから元々ポテンシャルはあったのに、私が気付かなかっただけなんだけど。瀧上が天然なのは知ってたけど、意外と毒もあるんだな。もっと出してけばいいのに。


今まで何回かお笑いのライブには行ったことあったけど、流れ星のライブはダントツにお客さんとの絡みが多い。ファンへの愛、サービス精神がすごい。こんなアットホームなライブ見たことない。これは地元だからというわけではなくて、多分どこでもそうなんだろう。
彼らは地元愛もすごくて、岐阜の観光大使もやっているんだけど、その地位を利用して最後にシングル「岐阜ミーチャンス」もダンス付きで歌ってくれた。全然知らない歌だったけど笑、嬉しかった。


今まで同じ岐阜出身ということで流れ星を応援してきたんだけど、やっぱり芸能人だし、親近感とかはなかったんだけど、今回のライブにちゅうえいのお母さん来てたんですよ!何かこの人たち本当に岐阜で育ったんだなと思ったら、少しだけ身近に感じました。


流れ星と岐阜民の相思相愛のライブでした。