ミキ漫 2018 全国ツアーin 愛知 東文化小劇場

ミキの単独ライブを見たのはこれが初めてだったんだけど、しゃべくり漫才好きとしては、ネタはオールしゃべくり漫+トークといううれしい内容でした。半年前に初めて見たときにはミキのことも名前聞いたことある程度で全然知らなかったんですが、昔の漫才師っぽい衣装でわりとベタな感じで漫才やっていたのが面白くてファンになったので、イメージそのままのネタをよりたくさん見られたのがよかったなあと。
好きになったきっかけのネタも前回よりも長いバージョンで、そのまま次のネタにつながっていったりして、こんなふうに展開していくんだなと単独ライブならではの楽しみもありました。


私は前半の「三角関係」と「新婚旅行」のネタが特に面白かったです。あと「料理」のネタかなあ。
こうやって並べてみるとミキの漫才のテーマや亜星君のボケはわりとオーソドックスだ。なのになぜこんなに面白いかというと、お兄ちゃんのツッコミもボケが入っているからだ。オーソドックスなボケの後にちょっとひねったボケが来るみたいな。飄々としたボケの後に勢いのあるボケみたいな。2種類のボケが楽しめるんだと思う。


お兄ちゃんのツッコミがうるさいっていう人が多いけど、私はお兄ちゃんのツッコミすごく面白くて好きなんですよ。ボケよりもツッコミで笑うことのほうが多いくらい。他の人はツッコミの面白さよりも声のうるささのほうが先に来てしまうのだろうか?
でも同じくだりを何回もされると私はちょっと飽きてしまうので、そうなってくるとちょっとうるさく感じてしまうかもしれない。私はお兄ちゃんの言葉のチョイスが好きなので、お兄ちゃんが同じくだりを何回もやらされてただただ振り回されるのよりも、やっぱりどんどんツッコんでいくのが好きですね。


ミキはM-1で一躍有名になったし、賞レースに出る芸人の姿は確かにとてもかっこいいのだけれど、私はやっぱり普段のライブとか単独ライブを見るほうが好きだ。賞レースは何回も舞台で試して、試行錯誤して面白いところを抽出したネタだからクオリティはこちらのほうが高いのだろう。でも私は審査員ではなく、自分たちのファンに向けて多少グダグダになってしまうときもあるけどノビノビやっている姿を見るのが好きなのだ。
ミキを見ているとよけいにそう思う。


千原兄弟とか中川家とか今までにも兄弟のコンビはいたけれど、ミキは特に自分たちが兄弟ということを意識してネタをしている。舞台の上でも「兄ちゃん」と呼ぶくらいだ。私はミキのそういうところがわりと好きだ。
幼馴染とか学生のときの友達でコンビを組んでいるといつしか友達から相方になってしまう。相方になってしまうとプライベートで遊ばなくなってしまったり、何らかの力関係ができてしまうことがある。それは二人の絆の形が変わってしまっただけで、むしろ運命共同体というさらに二人の絆は強固になっているのかもしれないけど、私はちょっとそこに寂しさを感じてしまうのだ。
実際はどうかは知らないけどミキはまだ相方というより兄弟としての割合が大きそうだし、これからもずっとそうな気がする。
それがいいことか悪いことかわからないけど、私はずっとそのままでいてほしいと思うんだ。


予想外にもライブが終わった後、握手することができて得した気分になりました。近くで見てもそのまんまって感じでした。私が人見知りをしてしまって無言で握手をしたのだけれど、亜星君が思ったより感じよかったです。